単語帳を使った英単語の正しい覚え方

英語を学ぶ上で単語を覚えるのは基本中の基本ですが、案外非効率な方法でやっている人が多いものです。
ここでは4つに絞って効率的な覚え方を披露していきます。

1.まずは単語帳を一冊ざっと目を通し、覚えるのではなく全体を俯瞰するようにどんな情報があるのかを把握します。
ここで重要なのはあまりに時間をかけすぎないこと。
なるべく1日で終わるように、2000語程度であれば数時間で速読のように進めていくのがポイントです。

2.次に1日150~200語のペースで発音しながら書き取りをしていきます。
ここでは頭にしっかりと単語が残っていくように発音しながら五感を使って覚えていきます。
また完璧に記憶することを目標にするのではなく3~4割程度覚えることを念頭に進めるのが大事です。

3.1日150~200語ペースだと一冊だいたい1~2週間で終えることがほとんどです。
そこから2週目に入りますが、ここではさらにスピードを上げ300~500語を発音しながら書き出し、6~7割ほどの単語をマスターするようにもっていきます。
ここでのポイントはなかなか覚えれない単語に時間を割くのではなく、より基本的で頻出されやすい単語をしっかりと定着させていくことです。

4.ここではさらにペースを上げ、1~2日で一冊を読み書きしていきます。
ここでも完璧をめざさず8~9割できればOKという感じで、できないところに目を向けるのではなく、できているところを強化していくイメージです。
どれだけ単語をマスターしていっても記憶は薄れていくものですし、設問中の単語を全て理解しておく必要もありません。
それよりもより基本的な単語を間違いなく読み解いていく力の方がよっぽど重要です。

この1から4までの行程を繰り返し繰り返し反復していくことで、自然と単語は身についていくものです。
何度もいうようですが、単語帳を完璧にマスターすることよりも8、9割の単語がしっかりと身についていることの方が重要ですので、スピード感を持った反復作業を地道に続けてみてください。
あっというような成果が上がります。