この夏、中3生が高校入試のためにすべきこと

この夏、中3生が高校入試のためにすべきこと

中3生にとって夏はまさに天王山。
これまでは部活動を頑張ってきた子達も、引退して塾通いするようになる子達がほとんどでしょう。
ところが、いきなり受験勉強といっても具体的に何をすればよいのかわからず、結局夏が終わってみたら塾に通っているだけ、模試の成績が返ってきて愕然とする、ということにもなりかねません。

人生で一度しかない高校入試。
「あのときこうしていればよかった」なんて思いをなるべくしないためにはこの夏どんなことをするべきでしょうか。

まず、なんといっても明確な目標が必要です。
目標には長期、中期、短期のものがありますが受験生にとっての長期的目標とはもちろん、第1志望校への合格でしょう。
お住いの都道府県によって入試制度や受験事情が違うでしょうが、一般的には学校の内申点と当日の学力試験の結果によって合否が決まります。

まずはここまでの内申点から大体の志望校レベルを推定し、そこから行きたい学校選びをすることです。
その際にポイントなのは自分のレベルよりも下の学校を見すぎないことです。

私は、高校入試においてワンランク上くらいの学校であれば努力次第で合格可能であると思っています。

もちろん「正しいやり方」と「一定数以上の勉強量」が前提となりますが。
志望校によってもこの夏の勉強の仕方が変わってくると思います。

長期の目標が決まれば次に、その学校に合格するためには何点取ることが必要で、今自分はどれくらいの点数をとる力を持っているのか、という考えに至ります。
そこで初めて模擬試験を受ける意味があるのです。

試しにテストだけ受けて、そこから受かりそうな学校を探すというやり方ではそもそもの目標があいまいなまま受験勉強を進めることになり、成果が出にくくなります。
よって、この夏まず初めにやるべきことは、志望校の設定、です!
これには親御さんや塾の先生、学校の先生との話し合いが必要となりますが、まずは自分で調べて、自分で考えることです、もう一度言いますが、その際には安易に(楽に合格できそうだからと言って)自分の偏差値レベルよりも下の学校を選ばないこと。

自分の将来の可能性を狭めてしまう危険性もあります。