勉強を助ける環境作りとは

「勉強をする」って考えるとただ机と椅子があり、紙とペンがあればいいのでしょうか。
やはり勉強するにあたっては周りの環境や状況、そして勉強する本人の体調やコンディション全てがそぐうものでないとなかなか難しいと思います。
なぜなら、勉強するには相当の集中力と少しの体力もいるからです。
実際、私は有名私立大学を受験し、合格をした後は学習塾の講師として四年間励んできました。
その時、とある生徒からこんな相談がありました。

「だるくてやる気がおきない、もっと勉強しやすい環境かだるさがなければ勉強できるのにどうしたらいいか?」というものでした。
まず、姿勢が悪いとそれだけで疲れますし、すぐだらける体勢になりがちです。
また、睡眠不足も学習における大敵でもあります。
夜遅くまで勉強したが、次の日が寝不足でテストに集中できない!なんて状態ではもともこもないですね。
そのため、どんな時でも睡眠は絶対に6?8時間は寝てほしいのです。
睡眠をとると記憶が整理されるので夜は早めに寝て、朝早く起きた方が脳には良いです。
また、食事も魚料理や野菜をしっかりとって、しっかり栄養バランスを整えましょう。
お菓子や甘いものはたしかに一時的にはいいかもですが、食べ過ぎは禁物です。
そのように親御さんもお子さんへ食生活や睡眠の促しなどしっかりサポートしてあげれる環境づくりをお願いしたいです。